学科紹介

情報技術科

生徒一人一人の個性を生かし、創造的な能力と
実践的な態度を身につける

学習内容(情報技術科 専門科目)

1年

工業技術基礎(実習):週3時間

次の実習項目を、10人前後の班に分けて行います。

半田付けの練習、機械実習、オームの法則の実験、定電圧電源の製作・測定、電池と電流の実験、スイッチと負荷の実験、論理回路ボードの製作、モーターの実験、テスタの使い方、静電気・磁気の実験、論理回路の実習

  • 論理回路ボードの製作

    論理回路ボードの製作

  • 機械実習

    機械実習

情報技術実習:週2時間

次の項目を、クラス全員コンピュータ室で行います。

ログインの方法、ワープロの使い方、表計算ソフトの使い方、描画ソフトの使い方、パソコン検定、ホームページの制作

情報技術基礎:週2時間

2進数、16進数、基本論理回路、論理回路の設計、コンピュータの構成

電気基礎:週2時間

電圧・電流・抵抗について、合成抵抗の計算、オームの法則、キルヒホッフの法則、直流回路、静電気、磁気、関数電卓の使い方

2年

工業技術基礎(実習):週3時間

1クラスを、ハードウェア分野、ソフトウェア分野の2つに分けて実習を行います。

電子紙芝居の制作、Webデザイン、コンピュータにおける基本設計

情報技術実習:週3時間

次の実習項目を、10人前後の班に分けて行います。

ダイオード、トランジスタ、FETの実験、整流回路、増幅回路、波形整形回路、マルチバイブレータ、OPアンプ、フリップフロップ、論理回路、カウンタ・シフトレジスタ、コンピュータ制御実習

  • ショックセンサー回路の製作

    ショックセンサー回路の製作

電子技術:週2時間

半導体素子、アナログ回路、ディジタル回路、パルス回路

ハードウェア技術:週2時間

コンピュータにおける言語、バス方式、スリーステート、CPUの内部構造、基本的な実行動作、マシンサイクル、タイムチャート、順序回路とフリップフロップ、カウンタとレジスタ

プログラミング技術:週3時間

プログラミング言語の学習をします。パソコン室でおこないます。

電気基礎:週2時間

交流の取り扱い、交流回路、電子回路(トランジスタの基礎、増幅)

3年

情報技術実習:週3時間

1クラスを、ハードウェア分野、ソフトウェア分野の2つに分けて実習を行います。

●ハードウェア分野:コンピュータ制御実習、ネットワーク実習
●ソフトウェア分野:プログラミング、データベース、プレゼンテーション

課題研究:週3時間

自分が好きなテーマで、1年間かけて研究、制作を行います。

【テーマ例】
●ハードウェア系:電子工作、ロボット制御、ライントレースカー製作、アンプ、スピーカ製作
●ソフトウェア系:Webページ制作、ホームページ制作、ゲーム制作、コンピュータデザイン

ハードウェア技術:週2時間

タイムチャート、マイコン基本動作、出力ポート設計、入力ポート設計、通信ネットワーク

ソフトウェア技術:週2時間

ネットワークソフトウェアの運用、データベースの設計と運用、情報システムの管理

情報技術製図:週2時間

イメージ図の作成、文字の練習、直線と曲線の練習、等角投影図と三角法

その他、選択科目もあります。

東京都立荒川工業高校
東京都立荒川工業高等学校
〒116-0003東京都荒川区南千住6-42-1 電話:03-3802-1178 FAX:03-3802-8218