本校の校章には,高の文字を中心に電子の軌道を示す三つの楕円が重なり合った六稜が表わされています。

東京都立荒川工業高等学校 定時制課程

Tokyo Metropolitan Arakawa Technical High School Part-time Course

電気・電子に関わる知識や技能を基礎からじっくり学べる学校

〒116-0003 東京都荒川区南千住6丁目42番1号  電話 03-3802-1178  FAX 03-3802-8218
○保健室利用について
保健室を利用する際は授業担当の先生に声をかけるか,同じクラスの生徒に伝言を頼むなどしてから来室してください。
一次対応としてのけがの手当てを行います。保健室では医療行為はできませんので,継続的なけがの観察・対応,テーピング等は行いません。
体調不良等の際は原則として授業1コマまで休養することができます。体調が回復しない場合,帰宅に際しての安全・交通機関の便等の点から,時間が遅くならないうちに早退することを進めています。
アレルギー等の危険があるため,薬は渡すことができません。
○日本スポーツ振興センター(以下「センター」)災害共済給付制度について
本制度加入者が負った学校管理下でのけが・疾病については,申請を行うとセンターより医療費の給付が行われます。申請には受診した医療機関で作成される書類が必要になりますが,書類作成はほとんどの場合無償で受け付けていただけます。
「学校管理下」には在校中だけでなく登下校時も含まれます。また,事前に学校で計画された休日の課外活動中も含まれます。
治療にかかった総医療費が5,000円以上(保険適用で窓口負担1,500円以上)の場合に利用できます。
請求には時効があり,けがの治療費の場合「初めて病院にかかった日から2年間」となりますのでご注意ください。
その他,細かい条件や必要な書類が発生することがあります。申請に必要な用紙が欲しい場合,詳しい説明を受けたい場合は保健室までお問い合わせください。加入については入学時に希望をうかがっています。追加の加入,辞退等については毎年度初めに申請できますのでお声かけください。
○学校感染症による出席停止について
「学校感染症」に該当する感染症にかかった場合,生徒の休養,感染拡大の防止のため登校を控えていただくようお願いいたします。この間は「欠席」ではなく「出席停止」の扱いとなりますが,医療機関の診断と学校への届け出が必要ですのでご注意ください。感染症の種類によって期間等の扱いが異なりますので,詳しくは欠席連絡の際にご確認ください。
<参考>学校感染症の種類と出席停止期間の基準(PDF)はこちら